HOME>イチオシ情報>仕事に対して悩みを持っているなら産業医に頼ってみよう

仕事に対して悩みを持っているなら産業医に頼ってみよう

カウンセリング

話すことでスッキリする

仕事をする上で悩んだりしたときには、心療内科などの専門の医師に相談するのが適切です。もちろん開業医や一般の病院を利用するという方法もありますが、産業医を利用するという方法もあります。医師の中に特別に産業医をいう区分けがあるわけではありません。しかし、企業付属病院や企業内の保健室などで働くことを想定した訓練を受けているので、仕事の対する悩みを相談するのに適していると言う事が出来ます。医師の利用というと、適切な治療を期待するというイメージがありますが、悩みの解決に関しては、話すこと自体が解決につながることがあります。言葉にして誰かに聞いてもらうことで、内面的な悩みを解消する方向に進めることが期待できるからです。

ハート

指導・アドバイスをしてもらう

悩みを話すことに関しては、必ずしも相手は医師である必要はありません。会社の同僚や上司、あるいは友人であってもかまうものではありません。しかし、産業医に話を聞いてもらうことで適切な指導やアドバイスを期待することができます。初期の段階では、単に話を聞いてもらうことが目的であっても、結果として指導やアドバイスを受けることができれば、より悩みの解決につなげることができます。この点、産業医は仕事上の悩み解決の専門家なので、必ずしも話をする側で話の筋道を分かりやすくする必要はありません。むしろ、今自分が思ったり感じたりしていることについて、自分の言葉でありのままに話せばよく、産業医の方で、その中から悩みの本質を見つけてくれるのです。