ビタミンC誘導体配合の化粧水で美白効果を実感しよう

肌の特徴と有効成分を知る

2人の女の人

どの成分が有効か

女性にとって、お肌の潤いはいつでも保ち続けたいものです。しかし、年齢と共にお肌は変化していきます。多くの女性によってお肌の変化を感じ始めるのが、30代に入ってからです。20代の時は、あまりケアをしていなくてもお肌のトラブルは発生しなかったかもしれませんが、30代に入りますといろいろな症状が現れます。例えば、お肌の水分が減って潤いが無くなっていったり、肌のメラニン量が増えたりします。そこで大事になってくるのが、基礎化粧品を使ったお肌のケアです。基礎化粧品は世代毎に特徴があります。30代に向いている基礎化粧品は、保湿力に効果のあるセラミドを配合した商品です。セラミドの中でも、ヒト型セラミドは保湿力が特に強いです。30代では保湿力に重視して基礎化粧品を選ぶようにしましょう。

より効果を発揮させる為に

基礎化粧品を使ってお肌の潤いを保つ事は大事ですが、ちょっとしたマッサージを加える事によって、より浸透力をアップさせる事が出来ます。基礎化粧品をお肌に浸透させる際、お肌が突っ張ってるとよくありません。親指と人差し指で軽くつまむような感じで、お肌をマッサージして柔軟にさせましょう。また、蒸しタオルを顔に当てる事も効果があります。お風呂上りに乾燥を防ぐ為に蒸しタオルを使い、その後基礎化粧品を使うとより効果が発揮されます。その他にも、リンパをマッサージする事も効果的です。具体的には、頬から首の下あたりにかけて指をゆっくり動かしていきます。老廃物の除去に効いていきます。ぜひ、マッサージと基礎化粧品の組み合わせでお肌のケアを行っていきましょう。